住宅模型

アメリカ不動産投資を選ぶ人が多い理由には景気が関係している

投資対象はアメリカに拡大

貯金箱と紙幣

アメリカは中古物件中心

不動産投資は日本国内で盛んに行われている投資の一つですが、不動産投資はアメリカにも拡大しています。日本にいながらアメリカの不動産に投資できるのはアメリカの税制上、非居住者にも融資が受けられるメリットが存在するからです。またアメリカ不動産投資は、日本にない魅力もあります。その一つが中古物件です。日本での中古物件は築年数が経過すれば価値は低下します。そして価値の低下は築年数に比例して大きくなります。そのため日本での不動産投資は新築物件中心に行われています。その理由は、耐用年数が短いからです。気候の影響もありますが日本の古い物件は街景観的にも魅力が少ないからなのです。しかしアメリカ不動産投資は中古物件中心に行われます。

経済成長率や人口増加

アメリカでは新築物件の共有量が少ないことに加えて築年数は日本の比でないほど長いからです。80年や100年などの耐用年数は当たり前なのです。そのためアメリカ不動産投資は中古物件が中心になっているのです。また人口の増加率も影響しています。日本は東京など一部の都市を除いて人口は減少しています。そのため住宅需要は今後少なくなることが想定されています。しかしアメリカの経済は右肩上がりで人口も増加傾向です。長い目で見ると需要は日本よりアメリカのほうが高くなっているのです。アメリカ不動産投資は魅力的なのですが為替の影響なども受けやすいため、運用上は為替相場も含めてみなければならないなど難易度は高くなっています。